福岡県立美術館『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』レポート #ディズニープリンセスとアナと雪の女王展 #福岡県立美術館

『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』レポート

2017年6月11日(日)まで福岡県立美術館にて開催中の『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』をレポートします。

『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』には、ディズニーが描く9人のプリンセスに焦点を当てた展覧会ということで、家族連れのお客様が多く来られるとのこと。

『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』は、「ディズニープリンセスたちは何故幸せになったのか」といった内容のテーマが掲げられた展覧会になっています。

会場の入り口では、今回展覧会に取り上げられたディズニーが描くプリンセスたちそれぞれのテーマが描かれたパネルを見ることができます。


『ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』では、女性の社会的地位の変化の歴史と共に、プリンセスの描き方が変化する様子を見ることができます。

白雪姫

世界初のアニメーション長編映画「白雪姫」の展示コーナーです。

「白雪姫」は実際の役者の演技を元にアニメーションを作成しており、とても滑らかな動きをするのが特徴です。

「白雪姫」のコンセプトアートや、公開当時に実際に使用されていた登場人物のパネルの展示などが行われています。

シンデレラ

1950年に公開された、第二次世界大戦後初のアニメーション長編映画「シンデレラ」の展示コーナーです。

シンデレラは、女性の地位が確立され始めた公開当時としては珍しく、芯の強い女性として描かれています。

オーロラ姫

1959年に公開された「眠れる森の美女」の展示コーナーです。

映画内で終盤に掛けて変化する音楽の表現に関する映像の展示も行われています。

アリエル

1989年に公開された「リトル・マーメイド」の展示コーナーです。

原作の「人魚姫」では悲しい結末を迎えてしまいますが、子供向けにハッピーエンドな表現に変更されていることで有名な物語です。

アリエルは、これまでのプリンセスと比べて見ても、明るいキャラクターとして描かれています。

ベル

2017年現在、実写映画が上映されている「美女と野獣」の展示コーナーです。ディズニー映画「美女と野獣」は1991年に公開されました。

ブロードウェイミュージカル「美女と野獣」で使用された、衣装の展示も行われています。

最初からプリンセスという訳ではない一般人の設定のベルは、より強い女性として描かれています。

ジャスミン

1992年に公開された「アラジン」の展示コーナーです。

主題歌である全米No.1ヒットを記録した「ホール・ニュー・ワールド」の収録風景の映像が展示されており、立ち止まって見ている方がたくさんいました。

ラプンツェル

2010年に公開されたディズニープリンセス映画史上初のフルCGアニメーション映画「塔の上のラプンツェル」の展示コーナーです。

CG表現における葛藤や、キャラクターデザインにおける難航している様子の映像が上映されています。

プリンセスストーリーですが、女性の表現がかなり変化し、ラプンツェルはとてもアクティブな女性として描かれています。

アナとエルサ

大ヒットを記録した2013年公開の「アナと雪の女王」の展示コーナーです。

アナとエルサの二人の主人公が対照的な表現になっていることがわかります。

女性二人が主人公であることや、これまでのプリンセスストーリーの表現から大きく変化しているエンディングに、女性の描き方の変化を見ることができます。

声優を担当した役者陣によるコメント映像や、アナとエルサの衣装が展示されています。

実写映画コーナー

2014年公開の実写映画「マレフィセント」の展示コーナーです。

「マレフィセント」は、「眠れる森の美女」に登場する悪役のマレフィセントに視点を当てた作品です。

実際に映画の撮影で使用された衣装や、小物の展示が行われています。

2015年公開の実写映画「シンデレラ」の展示コーナーです。

シンデレラのストーリーで重要になるアイテムのガラスの靴をはじめとした、日本人が作成に関わったドレスなどの、実際に映画の撮影で使用された衣装の展示が行われています。

劇団四季

劇団四季とディズニーによる、ミュージカルのポスターなどが展示されているコーナーです。

グッズ展示コーナー

ディズニー映画をモチーフに作成されたグッズや、絵本、ディズニーランドで使用されていたオブジェなどの展示が行われています。

「アナと雪の女王」特別映像シアター

展覧会の最後に用意されている「アナと雪の女王」特別映像シアターです。

世界25ヵ国の言語で歌われる「Let It Go」と、映像に合わせて変化する、シアター全体を使ったプロジェクションマッピングの特別映像が上映されています。

写真撮影可能コーナー

展示室を出るとすぐにアナとエルサの写真撮影可能コーナーがあります。

物販コーナー

展示室を出ると、プリンセスに関連した商品や、展覧会限定の商品の販売が行われている物販コーナーがあります。

人気商品を伺ったところ、「刺繍入りポケットミラー」や、ディズニープリンセスの楽曲を24曲収録したCD「ディズニー・パワー・オブ・プリンセス」、プリンセスをモチーフとした雨・晴れ兼用の傘を、手に取られる方が多いとのこと。

©Disney

 

いかがでしたでしょうか。
時代に合わせたプリンセスの表現の変化が楽しめる、とても面白い展覧会となっています。興味を持たれた方は、6月11日(日)まで展示が行われておりますので、是非足を運んで見てください!

展示概要

 展覧会名 POWER OF PRINCESS 「ディズニープリンセスとアナと雪の女王展」
会期 2017年4月14日(金)〜6月11日(日)
10:00〜18:00 (入場は17:30まで)
休館日:月曜
会場 福岡県立美術館 3階展示室
【公式サイト】
http://fukuoka-kenbi.jp/
料金 一般    :1,500円(1,300円)
高大生   :1,200円(1,000円)
4歳~中学生:800円(700円)
※3歳以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
詳細URL https://goo.gl/Jra1EB

関連記事

  1. 北九州市漫画ミュージアム「メカニックデザイナー大河原邦男展」レポート …

  2. ツクモ福岡店で「Panasonicメディア祭り」開催中! #ツクモ

  3. 博多駅から近くて便利!レンタルフォトスタジオ『スタジオCP博多』をご紹…

  4. カフェ&バー バッドムーン (Cafe&Bar badmoon)

    Cafe & bar「bad moon」をご紹介! #bad…

  5. 【親不孝通りハロウィン】コスプレイヤー達が清掃活動を実施!

  6. 第102回北九州ボードゲーム交流会

    第102回北九州ボードゲーム交流会に参加しました! #ボードゲーム

  7. 福岡県立美術館『追悼水木しげる ゲゲゲの人生展』レポート! #ゲゲゲの…

  8. 『コスプレピクニックon岩石城まつり』レポート #コスピク #岩石城ま…